機種別のドラクエ1の違い | ドラクエ1の歴史 | ドラクエ1 攻略情報

ドラクエ1 攻略情報【攻略wiki】
TOPへ > ドラクエ1の歴史 > 機種別のドラクエ1の違い

機種別のドラクエ1の違い

  • ドラクエ1はオリジナルで発売された以降にも色々な機種でリメイク・移植されてきました。
  • リメイク・移植されるたびに変更が加えられていますので変更点をまとめていきます。

ファミコン版

  • オリジナルで発売された、ファミコンで遊べるゲームです。
  • セーブ機能がなく、「復活の呪文」というパスワードをメモして、再開する時にメモした復活の呪文入力して再開するタイプでした。
  • 復活の呪文を間違ってメモして何度泣いたことでしょうか(笑)。

スーパーファミコン版

  • 復活の呪文が廃止になりセーブ機能が付きました。
  • ただしカセットに内蔵電池が切れるとデータも消えてしまいます。
  • グラフィックが改善されました。
  • 待ちの人の台詞などが一部変更されました。
  • 戦闘時に貰える経験値が大幅に上昇しました。
  • オリジナルでは貰える経験値が少なすぎてレベル上げはかなり困難でした。

ゲームボーイ版

  • スーパーファミコン版と同内容です。

ガラケー版

  • スーパーファミコン版がベースとなってリメイクされました。
  • 呪文習得のレベルに変更がありました。
  • レベルの上限がLv30からLv50に変更になりました。
  • メッセージスピードの変更が出来るようになりました。

Wii版

  • ファミコン版とスーパーファミコン版が収録されています。
  • いつでもセーブ出来るようになりました。
  • ダメージ計算に変更があり、ダメージが小さくなりました。
  • チュートリアルが追加されました。

スマホ版

  • スーパーファミコン版がベースとなってリメイクされました。
  • ダメージ計算に変更があり、ダメージが小さくなりました。
  • 「まほうのカギ」が「かぎ」に名称変更されました。
  • チュートリアルが追加されました。















シリーズ
ドラクエ11 過ぎ去りし時を求めて
ドラクエ3 そして伝説へ…
ドラクエ2 悪霊の神々
ドラクエ1









メールフォーム



ここで紹介しているデータは予告なく変更される場合があります。
このサイトを利用して、万が一何らかの不利益や損害が生じても当サイトは一切の責任を負いません。
このサイトの情報は自己の責任で判断ご利用してください。
[PR]のご質問はリンク先にお問い合わせください。

ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)

Copyright(C) 2010-2018 ゲーム攻略情報 GAME-e All Rights Reserved.